この記事は「あずましい風」の書きかけ項目となっています。

————————————————–以下本文です——————————————–

私は「物販」や「転売」といわれるebay輸入→ヤフオク販売をいま実際にやっています。このビジネスを始めてから5ヶ月が経過したところです。

表面上の収入は2ヶ月連続で約10万円の収入というところでさらに上昇しようとしているので、見方によってはとても優秀のような感じられるかもしれませんが、儲けているという実感はほとんどありません。

「表面上」という意味は、在庫を持っているので、あとで損切りすることもある可能性もあるし完全に確定ということではないと思っているからです。

そしてほかに収入がなく退職金で生活しているのでじっさいのところは非常に辛いです。

実は、私は以前、ストックフォトという写真販売やブログアフェリエイトやメーカー取引なども習っていました。というよりいまもやっています。(それでこのブログも書いているわけですが・・・)

もともと長年公務員をしていて定年して、民間会社に再就職をしたのですが病気になった母親の面倒をみることもなかなかできない環境に不満を感じて、なんとかして自分自身で稼げるようになりたいと思ったことがきっかけです。

これまでにネットビジネスにかけた金額だけで150万円以上だと思います。

さて、「誰でもできます」とか「3ヶ月で10万円」とか「副業でらくらく」とかいろいろな言葉がインターネット上にはびこっていますが実際のところはどうなの?という疑問をお持ちの方はこの記事をぜひ読んでみてください。

今回は、そんなネットビジネスの体験を「物販・転売・写真やアフェリエイトは稼げるの?実際の落とし穴についても」と題してお送りします。

ふだんから気になっていて、これからやってみようかな?と考えている方に少しでも参考になればと思います。

Sponsored Links

物販・転売・写真やアフェリエイトは稼げるの?

結論からいうと稼げる人もいるし稼げない人もいます。
物販・転売・ブログアフェリエイトの3つは、私が実際にメンター(師匠)にマンツーマンで教わった経験を踏まえていえることですがどちらかというと稼がないひとの方がかなり多いと思います。
私は50代半ばで元公務員(管理職)でパソコンはかなり得意な方ですが世の中は甘くないということだと思います。

写真については何度かストックフォト会社(主にPIXTAという販売会社の本社)のセミナーなどに参加していました。とても高名な写真家が少人数のセミナーで教えてくれたりしますので、それなりにスキルがあがったと思いますし、現在も複数の写真販売会社で販売していたりします。

この世界(ネットビジネス)については、メンターを見つけて実際に申し込む際にはじめて金額がわかることがほとんどという感じがします。
そして習い始めてみないとじっさいにやることもわからないということが多いです。

ネットビジネスには大きくわけて教材を見ながら自分で行うものとメンターにマンツーマンで直接教えてもらうパターンがありますが、やはりマンツーマンは高額になります。
しかし実際のところマンツーマンでないと役に立たないようなことが多いですしはじめのうちは低額な教材で習い始めてその後マンツーマンに移ることを前提にしていることも多い気がしますね。

実際の落とし穴についても!

それでは、ネットビジネスはどのあたりで挫折する人が多いのでしょうか?

まず、それぞれのビジネスによって準備段階ですることがたくさんあります。
たとえばブログアフェリエイトであればレンタルサーバーを自分で契約したりブログを発行するための本体を作りそしてグーグルアドセンスの取得などです。
メーカー取引であれば、取引先のメーカーに見せるためのホームページ作りやAMAZONの申し込み、転売であればebayやヤフオクの申し込みなどそれぞれかなりのボリュームです。

ここまでは、頑張れば比較的誰でもできるところだと思いますが、問題はそれぞれのビジネスには必ず大量行動が必要になる部分があるということで、たいていの人はここで挫折していると思います。
たとえばブログであれば1500文字以上の記事を1日3記事以上書かなければならなったりしますが、なかなかネタ自体がみつからないことが多いですし、転売であれば商品リサーチが必須ですが、これも素人が10時間リサーチしても1つも見つからないことがふつうだったりするのです。
もし、だれでも簡単に見つけれて稼げるものであれば世の中のサラリーマンがいなくなってしまうかもしれませんよね(苦笑)

物販についてもコンサルを受けるまでは「簡単」、「一日1時間で」など甘い言葉で集客しますが実際に始まってみると「そんなに甘い世界ではない」など態度が豹変したりします。
同じコンサルを受けれていて実際になかなか収益が出ない人もたくさんいることに気づいたりします。

それにメンターにしてもコンサル生に対する好き嫌いがあったりします。
メンターに嫌われると良いことがないのでコンサル生も気をつかいますし、ある意味会社員と同じじゃないかと思ったことすらあります。

まとめ

さてここまで「物販・転売・写真やアフェリは稼げるのか?実際の落とし穴についても!」と題してお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

まとまりのない文章になってしまいましたが、何かを感じ取っていただければと思います。

これから少子高齢化やAI革命などで先を見通すことが難しい時代になり副業ののニーズも増えてきそうな気がしますが、現在のネットビジネスについては
かなりの野放し状態と言えると思います。

なんの資格もなくビジネスを教えることができますしその中には詐欺まがいのものもたくさん含まれていると思いますし、自己責任という言葉で片づけられる
被害者もすでにたくさんいるものと思います。

きっと近い将来に社会問題になって法制化される必要がでてくるような気がします。

正直私も被害にあったことがありますので本当に気をつけてください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。