2018年も桜の時期になりましたね!

今回ご紹介する戸田記念墓地公園(この記事では戸田記念公園とします)は石狩市の桜の名所です。

石狩市の名所・・・と書きましたが、実は実質的には北海道を代表する名所と言って過言ではない穴場の観光名所ではと思います。

この公園は創価学会が運営する公園で、第二代会長の戸田城聖氏が幼少の頃ここ厚田で過ごしたことが「戸田記念」と称される由来となっています。

創価学会が運営していますが、だれでも自由に入ることができますし立派な売店やトイレもふつうに利用できます。

石狩市のホームページにも桜の時期になるとこの公園の桜情報が掲載されているくらいなので安心して見にいって大丈夫です!(笑)

開花の時期になるとソメイヨシノをはじめとする約8000本の桜が咲き誇ります。

本数だけではなくて樹齢も80年以上のものが多く見た目にも立派な幹の桜の木が多いのもここの特徴といえると思います。

全国的にみても北海道No1の本数を誇る松前の桜が約1万本で全国第5位くらいなのですが、私が調べた限りここは本数ベースでは、他を大きく引き離してダントツの北海道内第2位です。

第3位は旭川市の旭山公園の約3500本、第4位は静内の二十間道路の3000本、第5位はモエレ沼公園の2000本という感じです。

今回は、そんな戸田記念公園について「戸田記念公園桜2018の見頃は?駐車場や混雑・アクセスも!」と題して桜の情報をお送りしたいと思いますので、お花見や観光の参考にしていただければと思います。

それでは、さっそく始めて行きましょう!!

Sponsored Links

戸田記念公園桜2018の見頃は?

ここ戸田記念公園桜2018の見頃については、なんと石狩市のホームページや伝言ダイヤルでリアルタイム的に予想を発信しています。

現在の情報では

・開花予想:5月1日ころ 
・満開予想:5月5日ころ
 見頃は満開を迎えてから約1週間くらいとなります。

 ※天候により開花の状況が変わることが考えられますので
  下記HPから時々確認していただければと思います。

石狩市:戸田記念公園開花予想

駐車場や混雑・アクセスは?

駐車場については、この公園の中の売店や各種ホールなどの施設等ごとにあります。

しかし敷地面積が158万平方メートル(東京ドーム30個分以上)と広大な上に道幅もあるため、わざわざ駐車場に車を停めて長い距離を歩いて桜を見て歩くよりも、あちこちに車を停めながら桜を見て歩いている方が大半のようですね

混雑状況については、公園の出入り口付近で混雑するという情報も一部にはあるようです。

しかし、私が何度か実際に行った感じでは来場者が多いわりにはあまり混雑しているように感じないような気がしました。

アクセスについて

・乗用車やレンタカーでのアクセス:札幌駅から海沿いに国道231号線(オロロンライン) → 厚田(望来)所要時間は約50分です。

・バスの場合のアクセス:札幌駅に隣接する中央バス札幌ターミナルから「幌行き」または「厚田支所行き」に乗車して約70分「「戸田墓園入口」下車、徒歩で約15分
(バスについては、本数が少ないので事前にしっかり確認したほうが良いと思います。)

・タクシーの場合のアクセス:札幌駅から約50分(約13000円くらい)

となります。

まとめ

さて、ここまで「戸田記念公園桜2018の見頃は?駐車場や混雑・アクセスも!」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

戸田記念公園は、北海道民のあいだでもけっして知名度が高いとは言えないスポットですが、その原因は単に宣伝されていないからだと思います。

しかし、桜の木の本数・樹齢・規模などからみても間違いなく北海道を代表するお花見スポットといえますし、敷地が広大なためゆったりと桜をみることができる穴場です。

そして敷地内には、センターハウスのような売店やレストランや清潔なトイレや屋台などもあり天気さえ良ければ快適に過ごせますので、是非一度訪れてみていただければと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!